通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

宇宙項

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:うちゅうこう
外語:cosmological term 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

アインシュタインの提唱した値で、物質が互いに反発しあう力を表わす。宇宙定数ともいう。記号にはΛ(ラムダ)を使うことが多い。

元々アルベルト・アインシュタインは宇宙は静止していると考えていたが、自らが提案した一般相対性理論は宇宙が膨脹または収縮していることを示していた。そこで宇宙項(宇宙定数)を理論中に導入することで互いに引き合う力(重力)との釣り合いを取り、静止宇宙モデルを提案したのが発端である。

しかし現実の宇宙は膨張しており、それは観測でも証明されている。後に彼は宇宙項(宇宙定数)を導入したことを生涯で最大の失敗と語っている。

しかし、現在では宇宙の観測結果を説明するために宇宙項(宇宙定数)が使われている。宇宙項(宇宙定数)は真空のエネルギーを表わし、宇宙空間が膨張しても薄まることはない。そして物質同士が反発し合う斥力の効果を与え、宇宙空間をどんどん膨張させるのである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club