通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

幼児体型

辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:ようじたいけい
品詞:名詞
2011/03/21 作成

幼児によく見られる体型のこと。

目次

そもそも「幼児」というのは「幼稚園児」「保育園児」程度までをいう。

従って「幼児体型」はそれを彷彿させる体型であり、「小柄」、「丸い」、「ぽっちゃり」といったものをいう。

細い胸回りに対し、腹回りはそれよりも太いことから、その体型は「茄子」にも喩えられる。

女性の場合、大人になると、自然に、母親としての体型、つまり胸やお尻が膨らんでくることになるが、比較的大きくなっても、あまり体型が変わらない人もいる。

女の子であっても幼児体型が維持されれば、華奢、貧乳など子供らしさが残り、色気や女性らしさに乏しい体型となる。

ただ世の中の男性は千差万別で、貧乳が好きだという人もいるので、世の女性も諦めることはない。

関連する用語
貧乳

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club