通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

慢性毒性

辞書:科学用語の基礎知識 化学編 (NCHEM)
読み:まんせい・どくせい
品詞:名詞
2004/04/28 作成

毒性のうち、ジワジワと効いて来る毒性のこと。長期にわたり摂取されることにより、ゆっくりと体調に異変を来し、最終的に死に致る毒性。

毎日の食事に少しずつ混ぜるなどすると、徐々に体調が悪くなり、やがて死んでしまう。昔から暗殺などのために砒素などがよく使われた。

慢性毒性の指標には、食品中の残留農薬を表わす一日摂取許容量(ADI: Acceptable Daily Intake)などがある。これは体重1kgあたり、その物質を一日にどれだけ摂取しても健康に問題が無いか、という指標である。

関連する用語
毒性

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club