通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

水分

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質編 (NSUB)
読み:すいぶん
品詞:名詞
2014/06/03 作成

物質中に成分として含まれている。または、水を成分として見たときの呼称。

ある要素中に含まれる水の量は、水分量といい、百分率で表わされる。この時の割合については、重量比(w/w%)または体積比(v/v%)で表わされる。

空気中の水分量については、湿度と呼ばれる。

また水を成分として見たときは、単に水と呼ぶだけでなく水分と呼ぶこともある(例: 水の飲み過ぎ ≒ 水分の摂り過ぎ)

関連する用語

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club