通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

水無月

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:みなづき
外語:June 英語 , Junio エスペラント
品詞:名詞
2002/04/10 作成
2005/06/14 更新

旧暦の六月の月の異名で最も有名なもの。季節は

六月は梅雨の時期であり、水がたくさんあったことからこの名がついた。「無」の本来の意味は「の」という助詞である。したがって、現在の字義を取って「水の無い月」とすると間違いになる。

六月の異名には他に "葵月"(あおいづき)、"水月"(すいげつ)、"常夏月"(とこなつづき) などがある。

二十四節気のうちの大暑がある月が、水無月(六月)である。

この月の節季
小暑
大暑
前後の月
皐月
文月
関連する用語
旧暦
二十四節気

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club