通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

疼痛

辞書:科学用語の基礎知識 生物学・器官用語編 (BBORGY)
読み:とうつう
品詞:名詞
2006/01/08 作成
2016/04/20 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

「痛み」を表わす医療用語。

目次

鋭い痛みから、ズキズキと(うず)くような痛みまである。

がんなどの病気は強い疼痛を来すとして知られるほか、疼痛を伴う病気は枚挙にいとまが無い。

疼痛は、様々に分類されている。

  • 局在による分類
    • 一次疼痛 ‐ すぐに鋭い痛みを感じるもの。部位が局在し認識可能
    • 二次疼痛 ‐ ズキズキと感じるもの。部位の局在が不明確である
  • 期間による分類
    • 急性疼痛 ‐ 創傷の治療に有する期間内のみ持続する疼痛
    • 慢性疼痛 ‐ 創傷の治療に有する期間をこえてもなお持続する疼痛
  • 原因による分類
    • 侵害受容性疼痛
      • 体性痛 ‐ 皮膚筋肉・関節等に対する、切る・刺す・叩くなどの機械的刺激
      • 内臓痛 ‐ 胃腸や肝臓腎臓などの臓器の炎症や内圧上昇など
    • 神経障害性疼痛 ‐ 神経の圧迫や断裂
関連する用語
一次疼痛
二次疼痛

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club