通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

符号拡張

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:ふごう・かくちょう
品詞:名詞
2008/09/19 作成
2008/09/22 更新

符号付きの数値を扱う際、よりビット長の大きな変数やレジスターに格納する時、その値を変えないようにビットを補い、データを変換すること。

目次

例えば、一般的な2の補数の場合を例とする。

8ビットで−1は0xffであり、16ビットで−1は0xffffである。

もし、8ビットの0xffを16ビットとする場合、単に0x00ffとしたのでは255になってしまい、−1ではなくなる。

そこで、この場合は0xffffへと変換する。この処理を符号拡張という。

一般に、マイクロプロセッサーでの数値の扱いでは、その最上位ビットで符号を表わしている。このビットが0なら正の数、1なら負の数とする。

そして、符号を拡張する場合は、元の最上位ビットを、増える部分の全ビットに複写する。

例えば8ビットを16ビットにする場合、上位8ビットの内容は、下位8ビットの最上位ビットに応じて0または0xffとなる。

関連する用語
符号
SEX

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club