通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

臨床的な脳死

辞書:科学用語の基礎知識 医学・用語編 (BMEDY)
読み:りんしょうてきなのうし
品詞:名詞
2001/08/13 作成
2009/07/13 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

脳幹の死亡が確認された状態の脳死脳幹死

目次

脳波計などにより診断が出来る。

これを直接的に脳死と呼ばずに「脳死状態」と呼ぶこともある(特にマスコミ)が、臨床的には間違いなく脳死なのであり、「状態」を伏してまだ脳死に至っていないような表現をすることは不正確であろう。

本来ならば臨床的な脳死=法律的な脳死で無けれならないが、現実にはそうではない。

脳死に限らず、普通の死であっても同様で、検死されて初めて死が確定するため、列車事故で明らかに死んでいても、法的にはまだ死んでいない。こういった状態の死を「社会死」とも呼ぶ。

関連する用語

脳死
関連する用語
臓器の移植に関する法律
法律的な脳死

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club