通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

致死量

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・用語編 (BPHAR)
読み:ちしりょう
品詞:名詞
2016/04/23 作成

薬物において、死亡する投与量。殺害を目的としないならば、当然この致死量を下回る範囲で使用することになる。

医薬品などでは、試験動物で、半数致死量が確認されることがある。

  • LC50 (空気中での濃度)
  • LD50 (投与量)

また、ほぼ確実に死亡する致死量を確認することもある。

逆に、「この濃度までは死ななかった」とするる致死量の下限「最少致死量」を確認することもある。

  • LCL0 (空気中での濃度)
  • LDL0 (投与量)
関連する用語
中毒量
LC50
LD50
LD99
極量
耐性
有効量

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club