通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

葉緑体

辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:ようりょうくたい
外語:chloroplast 英語 , kloroplast/o エスペラント
品詞:名詞
2005/07/01 作成
2019/10/12 更新

葉緑素を含む色素体のこと。これにより光合成を行なう。

細胞内共生説によると、いまから約10億年前、ある真核生物が原核生物の一種の藍藻(シアノバクテリア)を細胞内に取り込んだ。

取り込まれたシアノバクテリアは葉緑体へと変化して、この宿主は藻類や植物へと進化を遂げた。

用語の所属
細胞内小器官
関連する用語
クロロフィル
光合成
葉 (植物)

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club