通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

親水基

辞書:科学用語の基礎知識 化学物質構造編 (NSUBYS)
読み:しんすいき
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

水によく馴染み、油に馴染まない基。

電離し電荷を持つ構造を持っていたり、水酸基(-OH)などを持つ部分が親水基となる。

例えば水(H2O)の構造はH-O-Hであり、Oの部分が少し負(δ)に、Hが少し正(δ+)に帯電している。つまり水は分極しているため、同じく分極している基に馴染みやすい。

例えば-COOH基(COOとH+に分極)や-COONa基((COOとNa+に分極)などの構造が界面活性剤としてよく使われる。

関連する用語
界面活性剤
疎水基

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club