通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

解離性同一性障害

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:かいりせい・どういつせい・しょうがい
外語:DID: Dissociative Identity Disorder 英語
品詞:名詞
2002/05/14 作成
2008/08/22 更新

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

一つの肉体に、明確な区別のできる人格が二つ以上存在している状態。正字では「解離性同一性障礙」だが、病名としては「解離性同一性障害」である。

いわゆる多重人格

但し、多重人格の各「分身」たちがそれぞれ「人格」としての統合性を持っているとは限らないので、現在では多重人格とは言わず、解離性同一性障害(解離性同一性障礙)、あるいはDIDと呼ぶようになった。

幼少時に肉親から受けた虐待(身体的および性的)がトラウマとなって起こるとされる。

関連する疾病
トラウマ
障害者
関連する用語
多重人格
人格

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club