通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

誘導性リアクタンス

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:ゆうどうせいリアクタンス
外語:inductive reactance 英語
品詞:名詞
1999/10/19 作成
2012/07/24 更新

リアクタンスが正であるもの。

目次

導線を巻いた部品をコイルという。これは直流に対しては無抵抗だが、交流の場合は誘導される磁束変化によって生ずる逆起電力が電気抵抗として作用する。これを自己誘導作用という。

この時、交流に対する抵抗値を誘導性リアクタンスといい、自己誘導作用の度合をインダクタンスという。

誘導性リアクタンスは、次の式で表わされる。

XL = ωL [Ω]

ω=角周波数(ω=2πf、π:円周率、f:周波数)、L=インダクタンスである。

この式から、Lが一定であってもf(周波数)が大きくなるとXLが大きくなることがわかる。つまりXLはfとLに正比例し、Lが大きいほど交流電流は通りづらい。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club