通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

超高圧送電線

辞書:科学用語の基礎知識 電力編 (NPOW)
読み:ちょうこうあつそうでんせん
品詞:名詞
2011/06/10 作成

送電線のうち、送電電圧が27万5千ボルト以上のもの。

送電は、電圧が高いほど損失を減らすことができる。送電線は、送電電圧の向上とともに発展してきた。

日本では、1973(昭和48)年に東京電力が日本初の50万ボルト送電線の運転を開始して以降、50万ボルトの超高圧送電線による送電網が構築された。

1999(平成11)年には世界初の100万ボルト設計の超高圧送電線も作られたが、現時点では50万ボルトで運用されている。

用語の所属
送電線

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club