通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

近日点黄経

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:きんじつてん・こうけい
外語:longitude of perihelion 英語
品詞:名詞
2009/09/13 作成
2014/07/30 更新

春分点から反時計回りの近日点までの角度

天体の昇交点が定義できない場合、昇交点黄経を表わすことができない。そこで代わりに、重力源となる天体の重心から見た軌道の近点のなす角度を、春分点から天体方向に沿い測った角度を近日点黄経として使う。

春分点から昇交点までの角距離を昇交点黄経(Ω)、昇交点から近日点までの角距離を近点引数(ω)という。

軌道傾斜角iが充分小さい場合はΩ+ωにおおむね一致するが、実際は軌道傾斜角が0°ということはないので、単純な足し算はできない。

関連する用語
近日点
近点引数
天体

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club