通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

遠視

辞書:科学用語の基礎知識 医学・情報編 (BMEDI)
読み:えんし
品詞:名詞
2015/09/25 作成

科学用語の基礎知識・医学情報

自身の健康問題に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

屈折異常のうち、近いとろこが見にくい症状。いわゆる「老眼」。

目に入った光は、角膜と水晶体を通り、屈折して網膜に像が写し出す。

網膜に焦点を合わせる(ピントを合わせる)ため、毛様体を用いて水晶体の厚みを変化させる。

しかし、老化に伴い水晶体の弾力が低下するなどすると、屈折力が弱まり、焦点が網膜の先になってしまうため、結果として網膜で焦点を結べなくなり、近くのものが見えにくくなってしまう。

眼鏡などでの矯正では、凸レンズが使われる。

用語の所属
屈折異常

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club