通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

重量キログラム

辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:じゅうりょうキログラム
品詞:名詞,重さ助数詞
2008/03/09 作成

重量と力の単位の一種。非国際単位系の単位である。「キログラム重」とも。重量と質量を区別するときに、この単位を用いる。

1kgの質量の物体に、地球上の標準重力加速度が掛かるときの重量や力を、重量キログラムとする。

重量の記号としてkgw(kilogram weight)、力の記号としてkgf(kilogram force)がある。

質量と重量

例えば、質量6kgの鉄の玉を考える。

質量はどこでも6kgで変わらないが、重量は地球なら6kgw、月なら重力が地球の約1/6になるため約1kgwとなる。ゆえに、月では軽い力で物を持つことができる。

工学

この単位系は、現在では主に工学の分野で使われている。

物理学ではこの単位は使っていない。物理学では、重量や力の単位はニュートンで統一されている。

SIで再定義すると、1重量キログラム=9.80665N、とされている。

関連する用語
キログラム
重量

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club