通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

青方偏移

辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:せいほうへんい
外語:blue shift 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

天体が観測者から近づく運動をしている場合、ドップラー効果によって、スペクトル線は全体的に青い(波長の短い)方向へずれる。これを青方偏移という。

青方偏移量を測定すると、その天体が地球へ近づいてくる速度を求めることができる。

例えば、アンドロメダ銀河(M31)は観測により青方偏移があり、秒速300km程度の速度で地球へ近づいて来ている事が判明している。

関連する用語
アンドロメダ銀河
赤方偏移

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club