通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

高輝度青色変光星

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:こうきど・せいしょく・へんこうせい
外語:LBV: Luminous Blue Variable 英語
品詞:名詞
2003/07/02 作成
2014/06/07 更新

高輝度の青色超巨星に見られる変光星。「LBV」、「かじき座S型変光星」などとも。

目次

高輝度青色変光星(LBV)は不安定な段階に達し、爆発を起こしている巨大質量星である。赤外線で観測すると輝度や色の変化が観測できる。また大質量ゆえに短命であるのも特徴である。

例えば、イータ・カリーナピストル星などは太陽質量の100倍程度と考えられているが、LBV 1806-20は少なくとも150倍はあるとされる。

どこまで重い星が宇宙に存在するかは未解明だが、現在の理論では恒星質量の限界は太陽質量の150倍程度とされている。

最近は多数発見されているが、よく知られている天体として次のようなものがある(順不同)。

用語の所属
変光星
関連する用語
青色超巨星

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club