通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ARMv8-R

辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:アーム・ヴィーエイト・ハイフン・アー
外語:ARMv8-R 英語
品詞:名詞
2014/01/08 作成

ARMv8命令セットにあるプロファイルの一つで、リアルタイム制御組み込み向け。

目次

ARMv8の特徴として、64ビットアーキテクチャAArch64と、64ビット命令セット「A64」への対応がある。

しかしARMv8-Rは、この「AArch64」および「A64」には対応せず、AArch32のみ対応、つまりARMv7-Rと同様に「A32」と「T32」にのみ対応する。

これは、車載リアルタイム処理などの組み込み向けではまだ64ビットの需要がないためとしている。

64ビットに対応しないのならARMv8-RではなくARMv7-Rで良いのではないかと思われるところだが、ARMv8-RはARMv7-Rより次のような改良がある。

  • ハードウェアによるハイパーバイザー機能で、リアルタイム性を向上
  • 割り込みコントローラーを内蔵 (ハードウェアによるハイパーバイザーのため)
  • メモリ保護機構の改良 (ARMv7-RはPMSAv7だが、ARMv8-Rは新機能PSMAv8を搭載)
用語の所属
ARMアーキテクチャ
ARMv8
関連する用語
ARMv8-A

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club