通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

I²S

辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:アイ・スクウェアード・エス
読み:アイトゥーエス
外語:I2S: Inter-IC Sound 英語
品詞:固有名詞
2012/05/19 作成
2012/12/12 更新

オランダのPhilips社が開発したIC間で音声データ通信をする半二重方式のシリアルバスインターフェイス。I2Sとも書く。

I²Cと似ており、3本の信号線でステレオの音声情報をディジタル送信することが出来る。

データ信号(SDTI)とクロック信号(BICK)の他に、LRを区別するためのクロック信号(LRCLK)が存在するのが、データ通信用のI2Cとの大きな違いであると言える。

実際に送受信される音声のフォーマットについては規定は無い。様々な音声情報の伝送に使われている。

関連する用語
I²C
S²Cwire
MI²S

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club