通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

STIS123627+621755

辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体名編 (USTLN)
読み:???
外語:STIS123627+621755 英語
品詞:固有名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

おおぐま座にある銀河

発表による位置は赤経12h 36s 27.5s、赤緯62°17′55.4″(分点不明)で、実視等級は27.7等。

ハッブル宇宙望遠鏡の宇宙望遠鏡撮像分光器(STIS: Space Telescope Imaging Spectrograph)により観測されたためこの名がある。STISに続くのは天体の赤経・赤緯である。

1999(平成11)年4月、ニューヨーク州立大学のチェン(Hsiao-Wen Chen)らがSTISを用いて観測し、波長933.7[nm]に輝線を確認したことから、これをLαの121.6[nm]と仮定、ここから赤方偏移z=6.68を求めた(NAOJ254)。しかしジェット推進研究所のスターン(D. Stern)らの観測によって、それが誤りであることが明らかとなった(NAOJ398)。

この天体はRバンド(720[nm]付近)の波長ではかなり明るいが、Jバンド(1200[nm]付近)では全く観測できない。これはz>6の銀河の特性と矛盾するとされた。

この天体については現状確実なことは分からない。スターンらによると、z=1.5程度で酸素の禁制線[OⅡ]を放射する銀河なら観測結果と合う、としている。

関連する用語
銀河
赤方偏移
おおぐま座

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club