通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

SpaceShipOne

辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:スペースシップ・ワン
外語:SpaceShipOne 英語
品詞:固有名詞
2004/07/05 作成
2008/06/19 更新

米Scaled Composites(スケールド・コンポジット)社が開発した世界初の民間有人宇宙船。2004(平成16)年6月21日、カリフォルニア州モハベ砂漠にあるモハーベ空港民間航空宇宙テストセンター(Mojave Civilian Aerospace Test Center)から飛び立ち、地球の大気圏を超える高度100kmへのフライトに成功した。

そして次に、二週間以内に二度のフライトを成功させることに挑戦。これは米国の起業家らが民間の宇宙開発を刺激することを目的に作った賞、Ansari X-Prize(アンサリX賞)に挑戦するものである。まず9月29日にフライトに成功させ、10月4日早朝(現地時間)に再びフライトに成功し、遂に賞金1000万ドル(約11億円)を獲得した。

SpaceShipOneは両翼5メートルで、定員はパイロット1人と乗客2人の計3人である。

SpaceShipOneは運搬用飛行機White Knightの腹に取り付けられた状態で離陸、高度約50,000フィート(約15.2km)で分離され、SpaceShipOne自身のロケットモーターを約80秒間(約90cBeat)噴射し、マッハ3の速度で宇宙へと向かう。このロケットモーターは酸化剤に酸化窒素(N2O)、推進剤に水素終端化したポリブタジエン(HTPB/ラバー)を使用するのが特徴の、固体ロケットモーターと液体ロケットモーターの特徴を兼ね備えたハイブリッドモーターである。酸化剤に酸化窒素(N2O)を使う辺りが、民間機らしい環境対策の一つといえる。

高度100kmは大気が希薄のため漆黒の闇に浮かぶ、まさに宇宙を実感できる。そして、ここから60kmに落下するまでの3分間は無重力状態を体感することができる。その後は翼を使って滑空し、地上へと戻ることになる。

SpaceShipOneの成功に伴い、英ヴァージン・グループはSpaceShipOneを基に5機の宇宙船を作り、2007(平成19)年にも商用宇宙飛行を実現させると発表している。

関連するリンク
http://www.scaled.com/projects/tierone/

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club