通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

コアダンプ

辞書:電算用語の基礎知識 計算機OS機能編 (TCOS)
読み:コアダンプ
外語:core dump 英語
品詞:さ変名詞
2000/03/22 作成
2008/03/22 更新

UNIXなどで、アプリケーションが不正終了した時にメモリーイメージをディスクに書き出すこと。ファイル名は*.coreが普通である。

保護されたメモリー空間などにアクセスすると「Segmentation fault」などのエラーが発生し、プロセスは強制終了、同時にコアダンプ処理が行なわれる。(下手な)Cシステムプログラマーは頻繁にこれを見る。

ちなみに、MuleやMagic Pointなどのツール使っていてもよくコアダンプする。特に多いのはNetscapeかと思われる。

コアダンプ(core dump)のうち、ダンプ(dump)はダンプカーのダンプであり、どさりと捨てることを意味する。

ではコアとは何かというと、大昔に主記憶装置(メインメモリー)として使われていた記録媒体、コアメモリーのことである。決して、OSのコア=核=カーネル、といった意味ではない。

プログラムが異常動作した時、その原因検証用にメインメモリーの内容を出力することになるが、その量は相当なものになる。従って、メインメモリーをどさりと捨てる、つまり「メインメモリーのダンプ」と呼ぶことになる。さて、大昔はメインメモリーがコアメモリーであったので、「コアをダンプする」ひいては「コアダンプ」と呼ぶようになったのである。

今や、コアメモリーを現役で使っている計算機など存在しない。「ナウなヤング」に至っては、現物を見たことがない人が大半であろう。

にもかかわらず、今でも「コアダンプ」と呼ぶのは、大昔の名残りである。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club