通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

コンタクトスタートストップ方式

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:コンタクトスタートストップほうしき
外語:CSS 英語
品詞:名詞
2008/07/09 作成

ハードディスクドライブの磁気ヘッド退避方式の一つで、ディスクが回転していない時にヘッドが最内周にある方式。

目次

ヘッドハードディスクの回転で発生する風圧で浮いているが、そのまま停止させるとディスク表面に接触(墜落、衝突)し、ディスクに傷が付くなどして故障の原因となる。

そこで、ディスクの最内周部に専用の退避領域を設け、ここにヘッドを着地させるのがコンタクトスタートストップ方式である。

ディスクは磁性体が塗布または蒸着されており、その表面は滑らかである。

しかし、万一接触した場合、表面が滑らかだとヘッドが吸着してしまう恐れがあるため、退避領域は表面が研磨され、粗くなっている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club