通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ゼロサプレス

辞書:電算用語の基礎知識 ソフト技術編 (PTSOFTY)
読み:ゼロサプレス
外語:zero suppress 英語
品詞:さ変名詞
2000/02/05 作成
2007/06/20 更新

数値を表現する際に、余分な「0」を抑制(suppress)すること。

目次

書式で数値の桁数が決まっているときに、余った桁を全部0で埋めずに空白を出力する。

例えば5桁の数値欄があったときに、「␣␣␣12」のように出力すること(␣が空白文字とする)。

プログラミングでは、事務処理系で利用される言語のCOBOLが、標準で数値全桁を0で埋めて出力することになっており、0抑制を特別な書式として備えている(例:PICTURE IS ZZZ,ZZ9.)。

逆に、FORTRANCなど、主に算術処理で用いられる言語では数値を固定桁で扱わないため、数値出力で0は抑制されているのが標準であり、反対に指定された桁数分を0で埋めて出力する機能を特別に備えている。

このデフォルトの解釈が逆になっていることから、「ゼロサプレス」のことを「0で桁埋めすること」と認識してしまっている人がいるが、これは誤解である。

関連する用語
COBOL
C
ゼロパディング

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club