通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ソニータイマー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機スラング編 (TZYOGO)
読み:ソニータイマー
外語:Sony timer 英語
品詞:名詞
2008/07/16 更新

保証期間が切れると即故障を起こすという、ソニーの民生用製品にある都市伝説。

この伝説によると、ソニータイマーは購入後1年と1週間程度で発動する。

他社には真似できない、高度な技術力からなる専売特許であると考えられる。

見方を変えれば、保証期間を越えてまで長持ちする部品を作ってしまうと製造コストが上がってしまうので、保証期間ぎりぎりだけ持つ部品を作るというところに、優れた技術力が使われているとも考えられる。

保証期間が切れたらタイミング良く故障するので、これがあたかも、設計段階で精巧なタイマーが仕組まれているのではないか、という趣旨の揶揄から始まったのが、ソニータイマーである。

従ってこれは、技術力の高さを表わす表現であって、決して粗悪品を言うのではない。

しかし近年のソニーは、外国製の安い粗悪品をソニーブランドで販売していて、保証期間内さえ持たない製品が増えてきた。つまるところ、「ソニータイマー」という言葉が使われなくなった時こそが、ソニーの最期だと言えるだろう。

なお、業務用機には、この機能は搭載されていないようである。

問題発生

2005(平成17)年10月20日に発売された薄型テレビ「ブラビア」ブランドのリアプロジェクションテレビ「Eシリーズ」2機種、50V型の「KDF-50E1000」と42V型の「KDF-42E1000」に、意図的にソニータイマーが仕組まれた疑惑が浮上している。

この問題は、視聴時間の累積が約1,200時間を経過すると、次のような不具合が発生する。

  • テレビ視聴中に電源オフができない
  • 電源スタンバイ状態から電源オンができない
  • 入力切り換えができない

ソニーは、これはソフトウェアの不具合であるとして、ソフトウェアのアップデートで対応すると発表した。

検証

ソフトウェアの修正で治るなら、ソフトウェア的に仕組まれたものだろうと考えられた。そして、32ビットで表現可能な最大数0xFFFFFFFFをミリ秒で扱うとどうか、という提案がなされた。

0xFFFFFFFF+1は、10進数では4,294,967,296である。それぞれ、次のように換算できる。

  • 4,294,967,296ミリ秒
  • 4,294,967.296秒
  • 71,582.79分
  • 1,193時間

約1200時間と、辻褄が合うのである。

ちなみにミリ秒で扱うというのは、ソフトウェアの内部処理で、ミリ秒ごとにタイマー割り込みをかけてカウンターを増やす、という処理が想定されている。このような処理はありがちで、特殊な処理というわけではない。

検証2

ではなぜ1200時間に設定したのか。

2005(平成17)年8月23日(当該製品発売前である)のTVタイムシフト視聴に関する調査によると、

一日あたりのテレビ視聴時間は視聴者全体平均で2時間54分

とのことである。

1日3時間×365日=1,095時間。365日以上経過で保証期間外。

非常に意図的なものを読み取ることができるため、ネットで大騒ぎとなった。

関連する用語
ソニー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club