通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ダイアモンドカーソル

辞書:電算用語の基礎知識 ソフト技術編 (PTSOFTY)
読み:ダイアモンドカーソル
外語:diamond cursor 英語
品詞:名詞
2001/03/13 作成
2008/05/12 更新

カーソル移動の上下左右をそれぞれCtrl-E、Ctrl-X、Ctrl-S、Ctrl-Dとするもの。テクストエディターWordStarで採用されていたキーバインドである。

QWERTY配列では、これらのキーは左手の薬指、中指の範囲でダイアモンド状に並んでいるため、こう呼ばれる。

また、ダイアモンドの周辺のキーも、その位置から推測しやすいキー操作(Ctrl-Aで前の単語へ、Ctrl-Fで次の単語へ、Ctrl-Rで1画面前へスクロール、Ctrl-Cで1画面次へスクロールなど)に割り当てられているため、習得しやすく、またホームポジションから大きく指を動かさずに操作できるといった特徴があった。

関連する用語
カーソル

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club