通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

バスパワー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機PC内部技術編 (TCPC)
読み:バスパワー
外語:bus power 英語
品詞:名詞
2005/07/19 作成
2014/02/06 更新

通信バスから電源を調達するもののこと。

目次

USBIEEE 1394のケーブルから供給される電源を利用して機器を動作させる方法。

対義語はセルフパワー

USBは+5Vをケーブルあたり最大500mA(2.5W)、IEEE 1394では最大1.5A(電圧は最大40Vまでの実装依存)である。

USB

USBの電源供給は、セルフパワーとバスパワーに分かれており、バスパワーHUBはホストから供給される電源をそのまま給電するHUBである。

電源条件が厳しくなることからセルフパワーより電圧も低くなることが許容されている。

セルフパワーなら4.75V〜5.25Vの範囲内だが、バスパワーでは4.40V〜5.25Vとなる。

電圧が4.75Vより下回った場合、電力不足が生じて接続した機器が正常に動作しなくなる可能性があるため、このような機器についてはセルフパワー専用と明記されていることがある。

関連する用語
USB (バス)
IEEE 1394
USB HUB
セルフパワー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club