通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

マルチレベルレコーディング

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:マルチレベルレコーディング
外語:MultiLevel Recording 英語
品詞:名詞
2001/05/18 作成
2008/06/27 更新

光ディスクの記録方法で、ピットの深さなどに変化を持たせる事で、ピット一つにつき数ビットの情報を持たせる技術のこと。

従来

CDDVDなどは、ディスク面にピットと呼ばれる窪み(CDの透明な側から見た場合、ピットは「溝」ではなく「突起」)があるか無いかによって情報を記録している。

同様にCD-R/RWや、DVD-R/RWなどの書き込める媒体では、有機色素や結晶状態の変化によって反射率の違いを出している。

いずれも盤面に照射したレーザー光の反射の強弱でピットの有無を判断するが、この方法では点一つに対して二つの値しか持つ事ができない(これをディジタルという)ため、大量の情報を記録するためには必然的に面積を多く必要とする。

マルチレベル

マルチレベルレコーディングは、この記録方法をマルチにする。

例えばピットの深さなどに変化を持たせる事でピット一つにつき数ビットの情報を持たせる事が可能となる。

仮に深さを8段階にしたとすると、log28=3となり、3ビットの情報を持たせる事が可能となる。

関連する用語
光ディスク
CD
DVD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club