通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ユーザー定義直定数

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ユーザーていぎ・ちょくへんすう
品詞:名詞
2010/02/16 作成
2012/02/09 更新

C++11以降のC++で機能追加された、ユーザーが定義できる直定数(リテラル)のこと。「ユーザー定義リテラル」とも。

CC++では、様々な直定数(リテラル)があり、その前後に付ける修飾子が言語仕様として定義されている。

C/C++ではその機能は固定だが、C++11ではユーザーが新たな直定数修飾子を定義できるようになった。これをユーザー定義直定数という。

種類

処理は、記述された文字そのままを扱うraw直定数と、数値であれば数値として認識された値を扱うcocked直定数とに分けられる。

文字列直定数は常にcocked直定数であるが、数値は両方がある。

定義

関数定義にはoperatorが使われる。

修飾子には接頭辞と接尾辞があるが、C++11で定義できるのは接尾辞である。

例えば、raw形式の直定数は、次のように定義することができる。

Example operator""_Suffix(const char *str_literal);

operatorの後に書く演算子を表わす部分は、""から始まり、実際の直定数名が続く。直定数名はC++11当初規格では、常に_(アンダースコア)から始まらなければならない。

アンダースコア

例えば、上述のように_Suffixという接尾辞に対応する関数を定義するとする。

Example operator""_Suffix(const char *str_literal);

これは、次のように使うことができる。

auto var = 12345_Suffix; // "12345"というナル末端文字列として渡される

C/C++の標準仕様では、_から始まる名前は処理系用に予約されているが、直定数接尾辞については逆に、_以外から始まるものが将来の標準化のために予約されている。

なぜなら、自由なネーミングを認めてしまうと、0Lや0UL、0xffなどの「ユーザー定義直定数」が出来てしまうことになり、問題となるからである。

必ずしもアンダースコアである必要はなかったと思われるが、演算子などに使う記号であると弊害が発生することから、最も無難なものとしてアンダースコアが選ばれたものと思われる。

用語の所属
直定数
C++
関連する用語
operator

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club