通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

ワイヤーメモリー

辞書:電算用語の基礎知識 技術メモリー編 (TTMEM)
読み:ワイヤーメモリー
外語:wire memory 英語
品詞:名詞
2014/06/14 作成

銅線の芯線に磁性体パーマロイをメッキや蒸着させたワイヤー(磁性線)で作られた記憶装置。当時は音引きを略して「ワイヤメモリ」と呼ばれた。

ビット記憶のための磁性線と、語選択のための絶縁銅線を、縦糸と横糸として布状に織って作られている。

第一世代電子計算機の時代、1970(昭和45)年頃に日本が実用化し、日本の発明であるパラメトロン計算機などコンピューター用の主記憶装置として使われた。しかし、ICメモリーが実用化されると自然消滅したため、普及はしなかった。

コアメモリーとは違い、非破壊読み出しが可能な点が利点となっていた。

用語の所属
記憶装置
関連する用語
コアメモリー
磁気バブルメモリー

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club