通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

加藤智大

辞書:電算用語の基礎知識 技術用語人物編 (TYMAN)
読み:かとう・ともひろ
外語:KATŌ Tomohiro 英語
品詞:名詞
2011/04/07 作成
2015/02/02 更新

秋葉原で無差別殺傷事件(秋葉原通り魔事件)を起こした主犯。殺人犯、死刑囚。

  • 本名 ‐ 加藤智大
  • 誕生日 ‐ 1982(昭和57)年9月28日
  • 出生地 ‐ 青森県五所川原市
  • 出身地 ‐ 青森県青森市
  • 国籍 ‐ 日本国籍
  • 民族 ‐ (不明)

事件前

青森県で生まれ育ったが、犯行当時、仕事の関係で静岡県裾野市のワンルームマンションで一人暮らしをしていた。

関東自動車工業東富士で、塗装部門の検査などを、日研総業(東京都大田区)の派遣社員としてしていた。

その後リストラに遭い、凶行に至る。

事件

2008(平成20)年6月8日、「秋葉原通り魔事件」を起こす。

ソフマップがある、中央通り神田明神通りの交差点の赤信号に2トントラックで突っ込んだ。神田明神通りを西から東方向(秋葉原駅方向)に走らせ横断中の歩行者5名を撥ね飛ばし、うち3名死亡。

交差点を渡ったところでトラックを降り、中央通りで、持っていたナイフで歩行者、警察官など14名を次々に刺し、うち4名死亡。

結果、7名を殺害し、10名に重軽傷を負わせた。

地裁

事件の凄惨さから、死刑を免れるのはおよそ不可能な状況での裁判となった。

犯行後、加藤は精神病を自称したが、精神鑑定で「責任能力あり」との結果が出されたため、勾留期限の2008(平成20)年10月10日、東京地検は加藤を殺人罪殺人未遂罪公務執行妨害罪、銃刀法違反の罪で起訴した。

2011(平成23)年3月24日、東京地方裁判所・村山浩昭裁判長は、求刑どおり死刑を言い渡した。その後、加藤智大被告の弁護士が、判決を不服として2011(平成23)年3月31日に東京高等裁判所に控訴した。

控訴審

弁護側は「死刑は避けるべきだ」「犯行状況の記憶に欠落があることなどから、何らかの精神障害で心神喪失か耗弱(こうじゃく)だった疑いがある」などと主張していた。

控訴審は2012(平成24)年6月から始まったが、加藤被告は一度も出廷せず、被告人質問も実施されないまま結審、控訴審判決公判が2012(平成24)年9月12日に東京高裁で開かれ、飯田喜信裁判長は1審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。弁護側は、従来からの「被告人は精神障害の疑いがある」との主張で2012(平成24)年9月25日、最高裁判所に上告した。

上告審

弁護側は「被告が利用していた掲示板サイトに被告の偽物が現われ、強いストレスを受けた」「このため事件当時は急性ストレス障害だった可能性がある」などと主張。「被告は事件当時、心神喪失もしくは心神耗弱だった疑いがある」として極刑回避を求めた。

検察側は「完全な責任能力を認めた判決に誤りはない」として死刑の維持を求めていた。

2015(平成27)年2月2日、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は1、2審判決を支持し、弁護側の上告を棄却した。これにて死刑が確定した。

関連する用語
秋葉原
秋葉原通り魔事件

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club