通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

後置デクリメント

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:こうちデクリメント
品詞:さ変名詞
2000/01/10 作成
2008/05/25 更新

デクリメント(減分)を行なう式において、その演算子を対象の後に置くもの。

目次

例えばC/C++Perlで、変数名を仮にfooとした場合、次のように書かれる。

foo--;

演算子が後に置かれるため、後置デクリメントと呼ばれる。

式全体の評価の後に変数の値が1減る。

たとえば、

foo = 0;

bar = foo--;

上の式の場合、変数barには0が代入される。−1ではない。

なぜなら、実質的に次の記述と同じ動きをするからである。

foo = 0;

bar = foo;

foo = foo - 1;

デクリメントの優先度が他より低いことが、後置デクリメントの特徴である。

関連する用語
デクリメント
前置デクリメント

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club