通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

技術的保護手段

辞書:電算用語の基礎知識 ソフト技術編 (PTSOFTY)
読み:ぎじゅつてきほごしゅだん
外語:Technological Protection Measures 英語
品詞:名詞
2002/10/21 作成
2008/05/10 更新

コピープロテクトや改変防止機能などのことを法律用語でこういう。

目次

著作権法の第二条二十で用語の意義が定義されている。

二十 技術的保護手段 電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法(次号において「電磁的方法」という。)により、第十七条第一項に規定する著作者人格権若しくは著作権又は第八十九条第一項に規定する実演家人格権若しくは同条第六項に規定する著作隣接権(以下この号において「著作権等」という。)を侵害する行為の防止又は抑止(著作権等を侵害する行為の結果に著しい障害を生じさせることによる当該行為の抑止をいう。第三十条第一項第二号において同じ。)をする手段(著作権等を有する者の意思に基づくことなく用いられているものを除く。)であつて、著作物、実演、レコード、放送又は有線放送(次号において「著作物等」という。)の利用(著作者又は実演家の同意を得ないで行つたとしたならば著作者人格権又は実演家人格権の侵害となるべき行為を含む。)に際しこれに用いられる機器が特定の反応をする信号を著作物、実演、レコード又は放送若しくは有線放送に係る音若しくは影像とともに記録媒体に記録し、又は送信する方式によるものをいう。

著作権法の該当部分は、人間に理解できる文章ではない。ただの駄文である。

上のような意味の通らない文章を書くくらいであったら、箇条書きにした方が遙かにましである。国会議員はこれを熟読し、良いと判断したのであろうから、相当頭がよいのであろう。

法定義を要約すれば、「電子的、磁気的、その他人間の知覚によって認識できない方法によって複製、改変、その他著作隣接権の侵害を不可能にする手段」である。

関連する用語
コピープロテクト

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club