通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

紐付け

辞書:電算用語の基礎知識 ソフト技術編 (PTSOFTY)
読み:ひもづけ
品詞:さ変名詞
2011/01/10 作成

情報同士の連絡をつけること。

目次

コンピューターで扱う情報含め、様々な情報が存在する。しかし、情報単体では検索もできず、他との連携も出来ない。

そこで、これらの情報を結びつけるためのものを用意して、この情報に連携を持たせることになる。この様子が、あたかも互いを紐で結んでいるかのようなので、これを紐付けという。あまり言わないが、この時結びつけるための情報が紐ということになる。

例えば、売上伝票、納品書、受領書といった伝票類単体では機能性が低いが、これに共通の番号を付ければ、それぞれが連携を持つことになる。

データベースシステムなどでも、リレーションシップを紐付けということがある。

関連する用語
リレーションシップ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club