通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

謎のAI半導体メーカー

辞書:電算用語の基礎知識 計算機スラング編 (TZYOGO)
読み:なぞの・えいあい・はんどうたいめーかー
品詞:固有名詞
2017/05/22 作成

日経用語でNVIDIAのこと。2017(平成29)年5月22日、日経ビジネスオンラインの記事で「詳報:トヨタが頼った謎のAI半導体メーカー」としたことが全ての発端である。

NVIDIAは時価総額9兆円以上で、10兆円に迫る大企業である。この会社より時価総額が高い日本企業は、この時点ではトヨタ、NTT、NTTドコモ、三菱UFJの4社しかない。

ところが日経ビジネスオンラインの記事内で、島津翔と称する日経ビジネス記者はトヨタが人工知能(AI)のためにNVIDIAと提携したことについて「序列の崩壊を象徴する提携」「長らく、ゲーム用半導体というニッチ産業のプレーヤーの1社に過ぎなかった」「まさに『知る人ぞ知る』存在だった」などと書いたことから、コンピューター業界を騒然とさせた。

同時期、売却が取り沙汰される東芝の半導体事業ですら2兆円から3兆円とされ、またかつてソフトバンクがARMを買収した価格も3.3兆円だったにもかかわらず、その2社を足してもまだ足りない規模のNVIDIAは、日経にとっては「謎」に過ぎないとのことである。

関連する用語
NVIDIA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club