通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

ADPCM

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル音像編 (PFAV)
読み:エイディーピースィーエム
外語:ADPCM: Adaptive Differential Pulse Code Modulation 英語
品詞:名詞

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

適応差分パルス符号変調。アナログ音声データをディジタル変換(A-D)する際に使用される方法の一つで、同時にデータ量圧縮を行なうアルゴリズムの一つ。

現在あるデータから次のデータを予測し、その予測値からの誤差を差分として符号化し、コード化する。再生は誤差と予測値から元データを復元して行なう。これにより元データの半分程度にまで圧縮することができる。

ADPCMにはアルゴリズムの異なる様々なタイプがあり、Microsoft ADPCMやIMA ADPCMなどが有名。PHSも音声の圧縮にADPCMを用いている。

関連する用語
PCM
PHS
変換

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club