通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

AOLインスタントメッセンジャー

辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:エイオウエルインスタントメッセンジャー
外語:AIM: AOL Instant Messenger 英語
品詞:商品名

記事の有効期限について

この記事は更新履歴情報のない、旧形式項目です。久しく更新されておらず、古い記述を含む可能性があります。

更新すべき内容を見つけた場合は、ページ末の報告フォームよりお知らせください。また、現在当サイトは編集仲間を求めています

AOLが開発したインスタントメッセンジャー。インスタントメッセージ業界の開拓者であるICQをAOLが買収した事で、莫大な同ソフトユーザーを引き継いでいる。

1999(平成11)年7月22日にAIMとの接続機能を持ったMicrosoft製のMSNメッセンジャーが公開された直後、サーバーアクセスのコードが改修され、MSNユーザーからの接続を検知した場合にこれを遮断する機能を備えた。

AOLでは、これをMSN MessengerがAIMのユーザー名とパスワードを直接扱うことからセキュリティ保護のため、と説明しているが、Microsoft側はそれらの情報の扱いはAIMと同様だと反論している。また同様にYahoo!メッセンジャーなどもアクセスが遮断される。AOLは異種サービス間の互換性を得るためにはAIMユーザーがMSN Messengerに乗り換えなければならず、これは不当であると主張している。ただしこれはAIMが共通の公開プロトコルで運用されれば話は済む筈なので、単に莫大なユーザー資産を解放したくないという意思表示であると思われる。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club