通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

CAV

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:スィーエイヴィー
外語:CAV: Constant Angular Velocity 英語
品詞:名詞
1997/05/13 作成
2008/07/09 更新

ディスクドライブの回転制御方式の一つ。等角速度、角速度一定。

内周・外周に関らず、一定の速度で回転すること。

フロッピーディスクや、一部のLDなど光ディスクで使われている。

問題点

利点は外周と内周の一周分の記録情報量が等しく、ディスクの回転数を一定に保てるためアクセス速度を高めることができる。代わりに外周になるにつれ記録密度が下がり無駄が生じるようになる。特にLDのような径の大きいディスクの場合には、影響が大きい。

このため、外周も内周もトラック内のセクター数は一定であり、セクターが扇状になっていることが多い。

改良技術

CAVの反対に線速度を一定にする方式はCLVという。

CLVのような効率に、CAVのような扱いやすさを兼ね備えた中間的なものとして、次のようなものが開発されている。

用語の所属
ディスク
関連する用語
CLV

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club