通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

CBHD

辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:スィービーエイチディー
外語:CBHD: China Blue High Definition 英語
品詞:名詞
2008/08/18 作成
2009/07/19 更新

支那で独自に策定された、DVDの後継を標榜する光ディスクの一つ。

支那版のHD DVDである。2008(平成20)年7月26日付の人民網日文版によると、2008(平成20)年10月頃に最初の対応コンテンツが発売される予定とされている。

支那には他にEVDなどのDVD後継ディスクがあるが、これとは異なる。

由来

CBHDは、かつて「China HD DVD」や「CH-DVD」などと呼ばれたものである。

HD DVDアライアンスに参画した支那企業からHD DVDの技術が流出し、これを元に作られたと見られる。

情報誌「ザ・ファクタ」によると、次世代DVD戦争に敗れたHD DVD陣営の中核・東芝が、支那でHD DVDを普及させようと、特許使用料無料という条件で動いたとされる。東芝の狙いは、半導体や部品の供給益と見られている。

HD DVDという名を外した理由は定かではないが、HD DVDが亡くなった今では、HD DVDの名前があっても売れそうになく、ゆえにライセンス料を払うのがもったいない、という理由が推測されている。

コスト

独自規格としたのは、特許使用料の問題があるとされる。

CBHDは支那企業が特許を持つ技術が多数使われており、このためにCBHDの再生機器メーカーが支払う特許使用料は、DVD時代の機器よりも安くなるとされている。

ベースがHD DVDであるため、HD DVDおよびDVDとのマルチプレイヤーを作ることも技術的には容易である。

用語の所属
光ディスク
関連する用語
DVD
HD DVD

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club