通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

FWXGA

辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:エフダブリュー・エックスジーエイ
読み:フルワイド・エックスジーエイ
外語:FWXGA: Full Wide XGA 英語
品詞:名詞
2014/01/18 作成

フルワイド画面用のXGAのこと。及び、この画面の画素数(画面解像度)に対する通称。

特に標準は無いが、一般には1,366×768ピクセル程度。

縦幅は元のXGA規格(768ピクセル)に合わせ、横幅を元の幅(1,024ピクセル)よりも広げたものである。

こうしてまずワイド化したものにWXGAがあったが、これより更に横長画面にしたものが、フルワイドXGAつまりFWXGAである。

Windows 7登場時頃(2006(平成18)年頃)はWXGAが主流だったが、Windows 8登場時頃(2012(平成24)年頃)以降にこのFWXGAが普及している。

しかしWindows 8は普及しなかったことから結果として、Microsoftの発表によるとWindows 7で最も多く使われている画素数はFWXGA(1,366×768ドット)だとしている。

用語の所属
画面解像度
グラフィック
関連する用語
WXGA
XGA

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club