通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

HE-AAC

辞書:電算用語の基礎知識 ファイル音像編 (PFAV)
読み:エイチイー・エイエイスィー
外語:HE-AAC: High-Efficiency Advanced Audio Coding 英語
品詞:名詞
2004/12/23 作成
2012/11/06 更新

SBRを利用して低ビットレートにおける音質を改善したAAC

MPEG-4 AAC(ISO/IEC 14496-3)のバージョン3として定義された。

AAC-LC(AAC Low Complexity)の拡張技術であり、AAC-LCの約半分のビットレートで、同等の音質を実現する。

バージョン

次の二つのバージョンが存在する。

  • HE-AAC v1 (2003(平成15)年) aacPlusAAC+
  • HE-AAC v2 (2006(平成18)年) aacPlus v2eAAC+ (低ビットレートでの音質改善)

上位互換

HE-AACは、従来のAACに、拡張情報としてSBRの情報を追加する。

このためHE-AACに対応していれば高音質で、AACにしか対応しないプレーヤーでもAAC相当の音質で再生できる後方互換性を有している。

特許

HE-AACは多数の企業の特許が含まれる。

このため特許権者は共同でパテントプール(特許プール)を形成しており、プールを通じて規格を採用する製品の開発や製造に必要な特許を一括でライセンスする枠組みが用意されている。

HE-AAC v2は、3GPPでもeAAC+として標準オーディオ形式のひとつとなってはいるが、全く普及していない。

用語の所属
MPEG-4 AAC
関連する用語
AAC
SBR

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club