通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

K&R

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ケイアンドアー
外語:K&R: Kernighan & Ritchie 英語
品詞:名詞
1995/11/01 作成
2008/05/16 更新

Cの古典「"The C Programming Language" Brian W. Kernighan/Dennis M. Ritchie著、PrenticeHall,Inc刊」1978(昭和53)年発行の第1版のこと。二人の作者名を取って、K&Rと呼ばれる。

著者の一人デニス・リッチーはCの開発者であり、この本の付録 "The C Reference Manual" はCのバイブルと呼ばれる。

C言語のバイブル的存在だが、平凡なプログラマーがこの本を書いた天才の真似をすると、セキュリティ上危険なプログラムが出来上がる。

仕様

ANSI C、そして現在のISO Cの文法もこの仕様が基になって作られている。

但し、現在のCは、K&R時代の物とは区別される。

色々と細かな違いはあるが、現行の仕様とK&R仕様の最大の違いはプロトタイプ宣言に関連する、関数の最初に書かれる変数宣言の書式であろう。

"The C Programming Language"は、K&R時代の「第1版」と、ANSI Cに対応した「第2版」がある。

第2版の英語版「The C Programming Language, Second Edition」は次の通り。

ISBN978-0-13-110362-7 (ペーパーバック)

ISBN978-0-13-110370-2 (ハードカバー)

第2版の邦訳版「プログラミング言語C ANSI規格準拠」は次の通り。

ISBN978-4-320-02692-6

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club