通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

Nice値

辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:ナイスち
外語:Nice 英語
品詞:名詞
2010/07/21 作成
2013/12/25 更新

UNIXで使われる、プロセスの優先度(プライオリティ)の設定値のこと。

UNIXはマルチタスクOSなので、複数のタスク(プロセス)を同時に実行できる。このとき、各プロセスの優先度を設定することができ、UNIXではnice、reniceといったコマンドでこれを設定することができる。

こうして、優先度のことをNice値と呼ぶ。

範囲

Nice値は、−20から+20まである。

優先度が最も高いのが−20、優先度が最も低いのが+20である。Nice値が大きいほど(+20に近いほど)よく譲る。よく譲るプロセスほどNiceということである。

例えばUbuntuのpulseaudioプロセスは標準でNice値が「−11」となっている。これは高い優先度を要求しており、著しく「Niceではない」ということになる。

設定

csh/tcshには内部コマンドとしてniceがある。これと別に、/usr/bin/niceというコマンドがある。それぞれで仕様が異なるので注意が必要である。

csh/tcsh内部コマンドのniceは、次のように使う。

nice +20 [command]

nice -20 [command]

/usr/bin/niceは、次のように使う。

nice -20 [command]

nice --20 [command]

/usr/bin/niceの場合、-に続けて値を書くが、+は略す。従って、-20はプラス20、--20はマイナス20である。

既に実行中のプロセスの優先度を変更する場合、/usr/bin/reniceが使われる。

確認

Nice値を確認する方法は幾つかある。

  • top
  • ps -l

但しps -lの場合は結果を0〜40の範囲で表示する。

またGNOMEを使っている場合は、プロセスの情報をNice値付きで、かつGUIで確認できる。

関連する用語
プライオリティ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club