通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

xD-Picture Card

辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:エックスディーピクチャーカード
外語:xD-Picture Card 英語
品詞:固有名詞
2002/08/11 作成
2008/07/28 更新

オリンパス光学工業と富士写真フイルムが2002(平成14)年に開発・リリースしたメモリーカード規格。

スマートメディア(SSFDC)に代わる新たなメモリーカードとされる。

現行のデジカメ用の記録メディアとしては最小サイズである。

名前の由来は「最先端のデジタル(eXtreme Digital)」映像情報を記録、保存、伝達する「すばらしい(eXcellent)」記録メディアという意味だとしている。


表


裏

寸法

サイズは20.0mm×25.0mm×1.7mm。約2g。

容量

スマートメディアは128Miバイトが限界だったが、xD-Picture Cardは最大で8Giバイトまで対応する。

IF

他の既存メディアとの違いは媒体自体の低コスト化であり、xD-Picture Cardは、スマートメディアと同様のシンプルな構造とした。実質コンパクト版スマートメディアといった感じである。

読み出し速度は5.0Mバイト/秒、書き込み速度は16Mi・32Miバイト品で1.3Mバイト/秒、より大容量品では3.0Mバイト/秒と高速で、3.3Vで動作する。消費電力も25mWと少ない。

加えて旗振り役がデジカメ市場1位、2位でかつシェア4割を超えるリーディングメーカーであるので、メモリーカード戦争でも先行の他メモリーカードに対して十分戦っていけると思われる。

用語の所属
XD
関連する用語
スマートメディア
デジタルカメラ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club