通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

なりすまし

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術安全編 (CTSEC)
読み:なりすまし
品詞:さ行五段
2000/01/15 作成
2006/12/13 更新

他人や別のものに成ったふりをすること。

相手の顔が見えないネットワークにおいては非常に容易になりすましが可能である。

仮に電子メールを受け取っても、それが本当に本人から発信されたものか、顔が見えない以上は文面だけでは確認できない。

そこで秘密鍵公開鍵の組み合わせを用いた電子署名と呼ばれる方法を使って、本当に本人かどうかを確認する方法が生まれている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club