通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

もっさり

辞書:通信用語の基礎知識 電話情報編 (WTELI)
読み:もっさり
品詞:さ変名詞
2011/03/03 作成
2014/03/04 更新

動作が遅い、鈍い状態。比較的古くから使われているが、最近では特にスマートフォンの動作でよく使われる。

目次

「もっさりしている」と言った場合は、動作がもたついており、動作が滑らかでないため、快適な操作が不可、時に正常な操作すらままならない、といったような状況を表わす。

スマートフォンの場合、CPUパワーが足りない、メモリーが足りない、といった場合に起こりやすいが、内部的な動作不良で処理速度が低下する不具合を持っている可能性もある。

定義は不明だが、恐らく次のような序列があるように見受けられる。

(悪) カクカク < もっさり < サクサクぬるぬる (良)

より具体的には、「速さ」と「なめらかさ」で各々分けられており、次のように使い分けるのが正式なようでもある。

関連する用語
スマートフォン
サクサク
ぬるぬる

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club