通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

コリジョン検出

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術下編 (CTEQIP)
読み:コリジョンけんしゅつ
品詞:さ変名詞
2006/11/16 更新

パケットの衝突を検出すること。

目次

(10GbEなどを除く)Ethernetで使われているCSMA/CD方式では、パケットを送信する時、回線が空いていることを確認してから実際に送信する。

しかし、たまたま同時に他のホストも送信を開始すると、パケットが衝突し、その内容が(両方のパケット共に)壊れてしまう。この自分が送ったパケットが壊れたかどうかを調べ、もし壊れていたらコリジョンの発生が検出された、と解釈する。

コリジョンを検出した送信ホストは、ジャム信号と呼ばれる、コリジョンが発生したことを示す信号をネットワークに送信する。

これにより、他のホストもコリジョンの発生を知ることができる。

用語の所属
Ethernet
CSMA/CD
関連する用語
コリジョン
パケット
ジャム信号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club