通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
全国のICカードこれひとつ

スクイーズ信号

辞書:通信用語の基礎知識 無線・業務放送技術編 (WBCASTT)
読み:スクィーズしんごう
品詞:名詞
2002/08/29 作成
2011/09/07 更新

ワイド画面(アスペクト比16∶9)用の映像信号の種類の一つ。

目次

通常の4∶3の映像より周波数帯域が広い、16∶9画面用の画像を、横方向に圧縮(スクイーズ)して出力する。

ワイドテレビではこの信号をフルモードで16∶9の画面全体で表示する。4∶3のテレビでは、対応製品の場合はV圧縮(縦方向圧縮)して表示し、非対応の4∶3のテレビでは縦長の画像となる。

S端子で映像を出力する場合、S1映像出力端子あるいはS2映像出力端子対応の場合、色度信号(C)に5.0Vを重畳し、スクイーズ信号の識別信号とする。

関連する用語
S1映像出力端子
レターボックス信号

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club